VSCode Python環境導入

Visual Studio Code に Python 環境を導入します。
Python の拡張機能をインストールすることで、Visual Studio Code に書いたコードをそのまま実行、デバッグすることができるようになります。

なお、Python 自体は事前にインストールしておく必要がありますので注意してください。(私の環境では、Python 3.7 がインストール済みです。)

“Extensions” のアイコンをクリックして、拡張機能一覧を表示します。その中から、“Python”(Microsoft 版) を選択し、インストールします。

VSCode Python拡張機能


拡張機能の詳細

名前: Python
ID: ms-python.python
説明: Linting, Debugging (multi-threaded, remote), Intellisense, code formatting, refactoring, unit tests, snippets, and more.
バージョン: 2019.9.34911
パブリッシャー: Microsoft
VS Marketplace リンク: https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=ms-python.python

 

動作確認で、簡単なコードを実行してみます。
コードを置くフォルダを選択します。

VACode Pythonフォルダ選択画面

 

ここでは、“hello.py” というファイルを作成し、おなじみの “Hello World” を表示するコードを書いてみました。

VSCode Pythonコード入力画面

 

コードが書けたら、デバッグしてみます。
メニューの “デバッグ” “デバッグ開始” を選択します。

VSCode Python デバッグ開始画面

 

デバッグ環境を聞いてきますので、“Python File” を選択します。

VSCode Python File 選択画面

 

問題なく実行できました。
ターミナル画面の下に “Hello World” と表示されています。

VSCode Python 実行結果画面

STORE KEEPER Ver.1.0

「STORE KEEPER Ver.1.0」を公開します。
令和になって最初に作成したプログラムです。
流行の Python言語で、Pygame を使って作ってみました。

storekeeper010

Download (storekeeper010.zip)

倉庫番系のゲームです。
配布ファイルは、”pyinstaller” で、実行ファイル形式に変換してあります。

pyinstaller の使い方

pyinstaller は、Python言語で記述したプログラムをWindowsの実行ファイル(.exe)ファイルに変換するツールです。
Pythonで記述したプログラムは、Python環境をインストールしていないパソコン上では実行できませんので、実行ファイルに変換する必要があります。
以下、コマンドラインで実行します。

インストール
pip install pyinstaller

実行方法
pyinstaller storekeeper.py –onefile –noconsole

–onefile
関連するファイルを1つにまとめます。
–noconsole
実行時にコンソール画面を表示させません。