Puzzle Saver Ver.2.1

「Puzzle Saver Ver.2.1」を公開します。

Windows 用のスクリーンセーバです。以前に Windows 7 で作成したものを Windows 10 で再ビルドしたものです。

Puzzle Saver Ver.2.1 の画像

Download (PuzzleSaver021.zip)

画面が15パズルの様に細かく分割され、バラバラになっていく様子が描画されます。
分割するピース数、空のピースの色、描画スピードが任意に設定できます。

VSCode Python環境導入

Visual Studio Code に Python 環境を導入します。
Python の拡張機能をインストールすることで、Visual Studio Code に書いたコードをそのまま実行、デバッグすることができるようになります。

なお、Python 自体は事前にインストールしておく必要がありますので注意してください。(私の環境では、Python 3.7 がインストール済みです。)

“Extensions” のアイコンをクリックして、拡張機能一覧を表示します。その中から、“Python”(Microsoft 版) を選択し、インストールします。

VSCode Python拡張機能


拡張機能の詳細

名前: Python
ID: ms-python.python
説明: Linting, Debugging (multi-threaded, remote), Intellisense, code formatting, refactoring, unit tests, snippets, and more.
バージョン: 2019.9.34911
パブリッシャー: Microsoft
VS Marketplace リンク: https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=ms-python.python

 

動作確認で、簡単なコードを実行してみます。
コードを置くフォルダを選択します。

VACode Pythonフォルダ選択画面

 

ここでは、“hello.py” というファイルを作成し、おなじみの “Hello World” を表示するコードを書いてみました。

VSCode Pythonコード入力画面

 

コードが書けたら、デバッグしてみます。
メニューの “デバッグ” “デバッグ開始” を選択します。

VSCode Python デバッグ開始画面

 

デバッグ環境を聞いてきますので、“Python File” を選択します。

VSCode Python File 選択画面

 

問題なく実行できました。
ターミナル画面の下に “Hello World” と表示されています。

VSCode Python 実行結果画面

VSCode 日本語化

Visual Studio Code を日本語化します。

はじめに日本語化の拡張機能をインストールします。“Extensions” のアイコンをクリックすると拡張機能の一覧が表示されます。

 

その中の “Japanese Language Pack for …” を選択しインストールします。

 

日本語化の拡張機能をインストール後、“view” メニューの “command Palette…” を選択します。

 

その中の “Configure Display Language” を選択します。

 

“en”(英語)“ja”(日本語)が表示されますので、“ja” を選択します。

(注)日本語化の拡張機能をインストールしていない状態では、”ja” は表示されません。

 

言語の切り替えするには再起動しなければなりません。“Restart” を選択します。

 

再起動後のメイン画面です。
メニュー等が日本語化されています。

VSCode インストール

Visual Studio Code をインストールしてみました。Visual Studio Code は Microsoft の 高機能テキストエディタ で、例えばエディタで書いた Python のコードをそのまま実行することができます。他にもいろいろな言語をサポートしています。

まずは、Visual Studio Code の ダウンロードページから、インストーラーをダウンロードします。

VSCodeダウンロードページ
https://code.visualstudio.com/

 

ダウンロードが終了したら、インストーラを起動してインストールします。特に難しいことはなく、インストールの設定は、全てデフォルトの状態でも問題ありません。

インストール後の初期画面は、英語表記になっています。

VSCodeメイン画面(英語)

 

 

起動が速く、気に入ってます。
今までは「サクラエディタ」を使っていましたが、これで、Python でも書いてみようと思います。

miniPlayer Ver.2.1

「miniPlayer」を公開します。
名前のとおり、小さい音楽プレイヤーです。

メイン画面

Download (miniplayer021.zip)

ボタン操作は一般的なプレイヤと同様です。
曲の登録はエクスプローラーから再生したいファイルをフォーム上にドラッグ&ドロップします。
(複数ファイルを同時に登録できます。)
(サポートしているファイルは、WMA、MP3形式のサウンドファイルです。)
ドロップされたファイルは、プレイリストに追加登録されます。
プレイリストに曲が登録されるとリストの順番で自動的に再生されます。
プレイリストでは、曲順番の入替、曲削除、保存、読込ができます。
(保存できるプレイリストはひとつだけです。)
フォームを移動させるには、フォームをマウスでドラッグします。
また、マウスの右クリックで、コンテキストメニューが表示されます。
操作方法の詳細はサポートページをご覧ください。
(バージョン情報画面のリンクをクリック)

Easy Calc Version 2.2

「Easy Calc」を公開します。

直接数式を入力して計算する計算機ソフトです。

メイン画面

Download (EasyCalc022.zip)

電卓と違い計算後でも入力数値の確認ができますし、数値の間違えも簡単に修正できます。
また、一度に複数の数式を計算できます。
変数を使用することができます。

fRename# Ver.3.85

「連番ソフト・ファイルリネーム」を公開します。
ディスクの中にあるバラバラ名前が付いたファイルを連番が付いた統一されたファイル名に一括リネームします。

メイン画面

Download (fRename385.zip)

主な機能

・ファイル名を連番に変換する機能
・ファイル名を文字列+連番+文字列の形式に変換する機能
・ファイル名を連番+枝番の形式に変換する機能
・ファイル名に含まれている文字を置換えする機能
・ファイル名に文字列を追加する機能
・ファイル名を元のファイル名+連番の形式に変換する機能
・連番や枝番をアルファベットにする機能
・拡張子以外が同じ名前のファイルをグループ化して連番を付番する機能
・文字の位置を指定して文字列を置換する機能
・文字の位置を指定して文字列を挿入する機能
・文字の位置を指定して文字列を削除する機能
・ファイル名を大文字・小文字に変換する機能
・ファイル名を全角・半角に変換する機能
・ファイル名をひらがな・カタカナに変換する機能
・ファイルの作成日時・更新日時を変更する機能
・ファイル属性を変更する機能
・変換するファイルの順番を並び替える機能
・連番に欠番を設定する機能
・各種設定の入力履歴の保存機能
・変換フォーマットの保存、呼出機能
・変換処理のログ保存機能
・ファイル名を元に戻す機能
・プログラムの実行機能
・画像ファイル表示機能